総量規制 専業主婦

総量規制と専業主婦のカードローンでの借り入れについて

専業主婦が夫に内緒でお金を借りるなら消費者金融ではなくて専業主婦でも借りれる銀行カードローンがいいといわれますね。これは、銀行カードローンなら本人認書類だけで契約ができるからです。消費者金融の場合は本人確認書類のほかに配偶者の同意書などの書類が必要なのでご主人に内緒で借りることができません。ご主人に内緒で勝手に同意書に記入し提出して発覚すれば、私文書偽造の罪になりますから必ずご主人の同意が必要になります。

 

女性とお金

どうして消費者金融はこのような書類の提出が必要になるかというと消費者金融は銀行と違い貸金業法に基づいて営業しているからです。貸金業法には総量規制というのがあって、貸金業者は借入申し込み者の年収の3分の1までしか貸してはいけないことになっています。また、1社からの借り入れ金が50万円を超える場合、あるいは複数の貸金業者からの借入金の総額が100万円を超える場合は収入聡明書類として源泉徴収票などの書類を提出しないといけないことになっています。

 

さて、専業主婦の場合ですが、総量規制によれば年収の3分の1までしか借りれないわけなので、自分に収入がない専業主婦は借り入れができないはずなのですが、総量規制には例外があるので専業主婦でもカードローンで借りれることになっています。その例外というのは配偶者と併せた年収の3分の1まで借りられるというものです。ですから収入が0円の専業主婦でも配偶者に安定継続した収入があれば、配偶者の年収の3分の1までなら借りれることになっています。ただし、本人に収入がないわけなので安定した収入がある配偶者がいることが証明できないといけないので、婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になります。また、借入の契約の際、信用情報機関に個人信用情報が登録されることに関する配偶者の同意書も必要になります。

 

このようなわけで専業主婦がカードローンを利用する場合は、配偶者に内緒では借り入れができません。中には夫には内緒で消費者金融から借りたいためにヤミ金を利用する専業主婦の方もますが、家族にばれるのは時間の問題で、最終的には家族もトラブルに巻き込んで悲惨な結果になります。専業主婦の方が借り入れをする場合は銀行カードローンや専業主婦でも借りれる信頼できる消費者金融に、ご主人の同意を得たうえで申し込むことをお勧めします。